ビジネスパーソン100人に対して実施した読書調査の結果を公開しました。

オトバンクが100人のビジネスパーソンを対象に実施した読書調査によると、平均読書冊数は月3冊で、「もっとたくさんの本を読みたい」と考えている人が8割にのぼるという結果でした。読書量を増やせない理由の1位は「本を読む時間がない」で、3位の「書店に行く時間がない」と合わせると約8割の方が、「時間不足」を感じていることがわかりました。 →本件に関するプレス・リリースはこちら