キャリコネニュースで、オトバンクが紹介されました。

キャリコネニュースの連載企画「なでしこ広報が行く!」で、オトバンクが紹介されました。

創業11年目を迎えたオトバンク 日本最大の「オーディオブック」配信サービスを運営 | キャリコネニュース

オトバンク広報の中川さん 欧米では人気のある「オーディオブック」を日本に持ち込み、2004年に創業したオトバンク。当初は聴く人も少なかったが、スマートフォンの普及が追い風となり、市場が成長しつつある。今年になって大手出版社との協議会も発足した。 創業者の上田渉氏は、かつて音読を中心とした勉強法で志望校に合格。失明して本が読めなくなった祖父の影響もあり、本を音声にして多くの人に届けたいと志した。2012年には当時29歳の後輩に社長を譲り会長に就任している。広報の中川さんに、会社のいまをレポートしてもらった。 声優やナレーターの朗読により「本を音声化」 突然ですが、みなさん月にどれくらい読書をしていますか? 文化庁の「国語に関する世論調査」(平成25年度)によると、月に1、2冊読む人が34.5%、全く読まない人が47.5%。 10周年の社員総会にて うう、みなさん本が嫌いになってしまったのでしょうか…。実はそんなこともなさそうです。読書量が減っている理由として、51.2%の人が「仕事や勉強が忙しくて読む時間がない」と回答。40代以下の8割以上が「読書量を増やしたい」と感じているそうです。 なるほど、忙しい日本人は「本を読みたい、けれど時間がなくて読めない」というモヤモヤを感じながら日々過ごしているようですね。 前置きが長くなりましたが、当社は本をプロの声優やナレーターの朗読により音声にした「オーディオブック」の制作・配信を行う会社です。小説などだと、複数のキャストを起用したドラマ形式のこともあります。 2007年から”Feel, enjoy, By ear”の頭文字を取った「FeBe(フィービー)」という日本最大のオーディオブック配信サービスを運営しています。オーディオブックは、まさに「忙しくて本が読めない」みなさんの強い味方です。 音楽を聴くように気軽に本が読めるので、通勤中や運転中、ランニング中といった耳のスキマ時間が読書の時間に早変わり。長距離高速バスや国際線の飛行機にもオーディオブックを提供しているので、聴いたことがある方がいらっしゃるか

https://news.careerconnection.jp/?p=12622