「毎日新聞」にて、声優・佐久間レイさんのオーディオブック『モモ』に関するインタビューが掲載されました

10月1日、「毎日新聞」にて声優・佐久間レイさんのオーディオブック『モモ』に関するインタビューが掲載されました。本作のオーディオブック制作を通じての、作品への想いを語ってくださっています。

→記事はこちら

キーパーソンインタビュー:朗読は天職 「モモ」で1人30役演じた佐久間レイさん - 毎日新聞

 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を取り返した女の子の物語--。児童文学の名著「モモ」(ミヒャエル・エンデ著、岩波書店)が今夏、初めてオーディオブックになった。制作したオトバンク(東京都文京区)は、これまでのビジネス書主体からジャンルを広げ、親子で楽しめる児童文学の定期配信としてスタートした。第1弾の「モモ」は、発売3週連続で同社サイトの総合ランキング3位以内に入るなど好評だ。朗読は、「それいけ!アンパンマン」のバタコさんの声などで知られる声優の佐久間レイさん。「描写が美しくて、香り立つようでした。読みながら、いろいろなことに気づきました」と話す佐久間さんに、作品について聞いた。【岡礼子】

http://mainichi.jp/articles/20170929/mog/00m/040/017000c